ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

「お金を賢く“貯める”には!?」さあどうする?の巻

FP福耳先生の家計見直し

(2010年 秋号 掲載)

ちらほらと景気回復のニュースを耳にするようになった今日この頃。
今こそ将来に備えて、ご家族で貯金について話し合うチャンス!
今回は福耳先生と“賢いお金の貯め方”について考えてみましょう!!

皆さんはどんな方法で貯金をしていますか?

皆さんは“貯金上手”ですか? それとも“貯金下手”だと思いますか? 私のところへ相談に来る人の中にも「貯金をしなければいけないのはわかっている。だけど、なかなか貯められない!」と嘆いている人が多くいます。

そこで皆さんに質問です!

例えば、あなたが貯金をするとしたら、どんなタイプでしょうか?

下の①~④の中から一つ選んでみてください。また、それを選んだ理由も一緒に考えてください。

①毎月の給料から家計の費用を使い、余ったお金を貯めていく

②貯金用の口座などを設け、使うお金と分けて貯めていく

③会社の財形や積立て預金など、半強制的に貯金できるような方法をとる

④貯金のことはあまり意識していない。なんとなく貯まっている

さて、いかがでしたか? もちろんこの問いには、どれが正解というのはありません。きちんと貯金ができているなら、自分に合った方法が一番です。

ちなみに、①~④を選ぶ人の傾向や特徴を下に示しておきます。自分に当てはまるのはどれか、チェックしてみてください。

[画像の拡大]

お金を貯める2つのコツとは?

①~④のタイプ以外にも、もっと別の工夫をしている人もいると思います。株や外貨などでお金を増やしている人もいるかもしれません。でも、「“自分に合った方法”がわからないから上手に貯まらない……」とお悩みの人も多いはず。そこで、今回はお金を貯めるコツをお教えしましょう!

お金を貯めるコツは“目標を決めること”“自分(と家族)をコントロールすること”。この2点を意識し、実行するだけで、お金の貯まり方は劇的に変化します。

貯金するための目標をしっかりとイメージしましょう。

まずは“目標を決めること”について。子どもの頃「あのオモチャを買いたいからお金を貯めよう」と思って貯金をしたことはありませんか? 学生のとき「あの洋服がほしいから」「旅行に行きたいから」と思って、いつもよりがんばってアルバイトしたことはありませんか? まさにその「オモチャを買いたい」「洋服がほしい」「旅行に行きたい」という目標があるから、お菓子をガマンしたり、アルバイトで残業をがんばったりできたわけです。ママ・パパになってもそれは同じこと。根底にあるのは“○○したい”という欲求を叶えることが目標です。

ただし、子どもや学生のときと違うのは“身近な自分の欲求”だけが目標ではなく、“遠い将来の家族のために叶えたい欲求”も目標になること。「子どもに良い教育を受けさせたい」「落ち着いて暮らせる住まいがほしい」などです。

逆に臨時収入があったとき、何も考えずに物を買ってしまい、後悔したことはありませんか? 目標が決まっていないお金は、目先の欲求に捉われ散財してしまいがち。「3年後に住まいを買いたい。頭金となる資金を300万円貯める!」「子どもが大学に行きたいといったときのため、15年後までに毎月1万円ずつ貯めるぞ!」「このお金は緊急のための貯金なので、使わない!」など、何のための貯金かをしっかりとイメージしてください。

貯金がしやすい方法を家族で考えてみましょう。

次に“自分(と家族)をコントロールすること”。世間には誘惑も多く、いくら「5年後の住まい購入のために」と思って貯めていても、目先の欲求がちらつき、物欲や食欲を刺激してきます。この誘惑に負けてしまうと「ちょこちょこ何かを買ってしまい、お金が貯まらない」という状態に陥ってしまいます。

そこで必要なのが“自分のコントロール”です。自信がない人は、貯められるようにルールや仕組みを工夫してみてください。例えば “貯金用の銀行口座を別に用意する”という方法や“使うお金の財布(口座)”と“貯めるお金の財布(口座)”を分け、「普段の買い物など日常の生活費は“使うお金の財布(口座)”からしか支払わない」や「給料が出たら、毎月必ず○万円ずつ“貯めるお金の財布(口座)”に移す」「“貯めるお金の財布(口座)”のキャッシュカードは持ち歩かない」というルールを決め、貯金していく。こうすることで、“貯めるお金の財布(口座)”には毎月必ず貯金がされていきます。

もしくは“毎月、自動的に貯金がされる仕組みを活用する”という方法もあります。会社に財形貯蓄の制度がある場合「財形貯蓄に毎月○万円ずつ貯める」と申し込めば、給与から天引きされ、財形貯蓄にお金が貯まっていきます。学資保険や個人年金保険などを活用する場合、毎月決まった日に指定の銀行口座から保険料が引き落とされ、お金が貯まっていきます。こうすることで、自動的に貯金され、確実にお金が貯まります。

パパは趣味に散財……」など、ママ・パパが一人でがんばってもダメです。ママ・パパが二人で協力して一丸となり、取り組みましょう。二人に最適な方法やルール、仕組みで貯金に取り組んでくださいね。

貯金をする真の理由を改めて考えてみましょう。

貯金の“究極の目標”は何でしょう……? それは「生涯所得(平均で約2億円)を、20歳~亡くなるまでの間にバランス良く使っていくため」です。収入を得られる期間は20歳くらい~60歳くらいの間の約40年間、その間に稼ぐ約2億円を一生の間に、上手く使っていかなければなりません。寿命がわかっていれば、あらかじめ計算できるかもしれませんが、それは誰にもわかりませんし、“子どもの教育費がかかる・かからない時期”“住まいの費用がかかる・かからない時期”など、支出は一定ではありません。人生の時期によって“出費の多い・少ない時期”“収入の多い・少ない時期”の凸凹(でこぼこ)を調整する……。それが貯金です。家族との一生を見つめ、“貯めどき”や“出費の多い時期”を事前に見極めつつ、貯金ができるといいですね!

福耳先生

FP(ファイナンシャル・プランナー)。2級ファイナンシャル技能士(国家資格)。日本国内だけではなく香港・スイスの金融事情にも通じる国際派FP。「あなたが人生・いのちの主人公、お金は使うためのもの」がモットー。やさしい言葉でお金の本質を伝えます!

福耳先生

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

5

3

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

FP福耳先生の家計見直し 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

収納どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.